セミナー・イベント

セミナー・イベント、学会活動 

  • ACTは、各種セミナー・イベント、講演会、およびWeb配信などを介して最新のCAEに関する技術や情報をお伝えします。
  • なお、セミナー、イベント、教育等のご案内セミナー参加については、こちらにお問い合わせください。


「初心者向け粒子法入門」コース 

  • 日時:2019年10月25日(金)13:00~17:00(受付:12:30~)
  • 会場:新宿文化センター第4会議室(4階) (アクセス
  • 定員:10名            ・セミナー詳細、お申込み(もの創りコラボ様サイトから

初心者向け粒子法入門コース

粒子法の最新技術動向セミナー

「粒子法による鋳造解析&射出成形解析技術」、「粒子法専用プリ・ポストプロセッサーTenGun」の紹介

  • 日時:2019年10月29日(火)13:00~17:00(受付:12:30~)
  • 会場:新宿文化センター第4会議室(4階) (アクセス
  • 定員:15名              ・受講料:無料    ・セミナー申込み(もの創りコラボ様サイトから
  • 特典:ご参加のお客様でご希望の方へTenGunお試し版(Win版、粒子数10万制限、例題説明書付)をご提供します。

ーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

「産業交流展2019」出展のご案内 

  • 主催:産業交流展2019実行委員会         
  • 日時:2019年11月13日(水)~15日(金)
  • 会場:東京ビックサイト 青海展示棟A・Bホール
  • 出展小間番号:もー27
  • 出展内容:
    • 有限要素法によるマルチフィジックス解析ソフト(MPACT/Mpave, TrueGrid)
    • 最新AI技術を用いた構造最適化ソフト(AI-QFEM)
    • 粒子法解析のためのプリ・ポストプロセッサー(TenGun)
    • 粒子法、メッシュフリー法による解析ソフト(sPHACT_CAST, 他)

 

 ————————————————————————————

学会活動

国際学会ICCES2019参加、協力、および発表(終了)

  • 開催日時:2019年3月25日~28日
  • 開催場所:東京理科大学
  • 発表題目:下記3件
    • High Viscous Flow Analysis in the 3D Printer by SPH
    • Numerical Approach of Viscous Flow containing Short Fiber by SPH Methos
    • Density based Optimal Topology in Continua

ーーーーーーーーー

ICTP-IAEA Activities on Innovative NESにおいてLecture

 2018年8月20日~24日、イタリアのトリエステ(Trieste)にてJoint ICTP-IAEA Workshop on Physics and Technology of Innovative Nuclear Energy Systemsが開催されました。弊社技術顧問でもある一宮正和博士が本ワークショップに講師として招かれ、講義を行いましたので、紹介させていただきます。

-Lectureタイトル;Innovative Nuclear Energy Systems: Reactor Design and Structural Designs (Lecture1 and Lecture2)

-Lecture内容:詳細については、こちらのURLから 参照ください。 YouTube番号12(Lecture1)と13(Lecture2)

なお、本ワークショップの全体スケジュール内容については、ICTPのウェブサイトを参照ください。(こちらから

ーーーーーーーーー

日本計算工学会論文集に掲載されました。 

  • 掲載論文集:(一社)日本計算工学会(JSCES)論文集  2018巻(2018)P.20180006  
  • 論文題名:「SPH粒子法によるプラズマショット現象の解明」
  • 論文内容:詳細については、こちらの論文掲載URLから 参照ください。
  • なお、放電加工プロセスの解析シミュレーションの説明動画を作成しましたのでご参照ください。(こちらから

ーーーーーーーーー

WCCMⅩⅢにおいて論文発表(終了)

  • 開催日時:2018年7月22日(日)~27日(金)
  • 開催場所:Marriott Marquis, New York City, USA
  • 発表題目:下記2件
    • Development of Meshfree Particle Method for Solid Mechanics
    • Development of Hyperelastic Analysis using Meshfree Particle Method