PWASとは

PWASとは

  • PWAS(Piezoelectric Wafer Active Sensor)は圧電素子アクティブセンサーで、現在注目されている軽量かつ安価で、埋め込み可能な、広領域の、超音波による構造安全性をモニタリングする非破壊検査ツールです。

 

PWASによる構造物の新しい安全性モニタリングシステムの紹介

  • 米国South Carolina大学のLAMSS (Laboratory for Active Materials & Smart Structures)が開発した圧電素子ウェファーセンサーを利用した超音波検査技術
  • 従来の超音波検査器と比べ、センサー一個の厚さが僅か0.2mm、大きさが7mm角の超小型化を実現

 

構造健全性評価(非破壊検査)技術に関する新しいご提案

  1. 軽量、極薄、安価な埋め込み型圧電素子アクティブセンサー(PWAS)導入
  2. 現場で適用可能な有線、また無線によるモニタリング技術
  3. 原子力配管部、航空機、車体、橋梁、タンク構造物等の安全管理に適用
  • 以下の3つのタブ表示により、超音波による新しい安全性モニタリングシステムをご紹介します。
    (1)PWASについて
    (2)PWAS&検査システム
    (3)亀裂進展モニタリング(ビデオ表示)

 

  • 1.PWASの特徴
  • 構造物に永久に設置し、常時材料の健全性をモニタリングできます。
    • センサーは超小型で、薄く、軽量で構造物に装着、また埋め込むことができます。
  • In-siteで検査が可能、稼働している状態で常時モニタリングができます。
    • 稼働中の原子力装置、飛行中の航空機の機体など、リアルタイムで観測が可能です。
  • 厳しい環境条件のところでも対応できます。
    • 水、流水、航空機用潤滑油などの環境下でも60週間使用できます。
      塩水の場合は15週間。
  • 2.PWASの用途
    • 材料の亀裂、腐食、ボルトの緩み、板厚計測、層間剥離、金属疲労、応力など
    • 検査事例:原子力プラント配管、航空機や車両のパネル、複合材、橋梁構造物、タンク構造物など
  • 3.パワーポイントによるPWASの紹介
    • 画像をクリックすると、ポップアップされたプレゼンテーション画像が表示されます。
  • 4.動画によるPWASによる新しいモニタリング技術説明
    • 画像をクリックすると、動画がスタートします。

       

1.圧電素子アクティブセンサーPWASを装着した試験片

  • PWASを装着した単軸引張り・圧縮試験片

  • PWASフィールドアレイを装着した試験片

2.シ ス テ ム 構 成

  • 小型PWAS構造健全モニタリング&非破壊検査システム
    ・PWASセンサー(目的により10~20個を構造物に装着)
    ・超音波発生装置
    ・デジタルオシロスコープ
    ・PC(Embedded Uttrasonic Structural Radar:EUSRプログラム搭載)

  • PWASフェーズドアレイを用いて亀裂進展のモニタリング



超音波(PWAS)による非破壊検査に関するお問合せ

■ 圧電素子アクティブセンサー (PWAS: Piezoelctric Wafer Active Sensor )
に関するご質問

■ PWASを用いた計測、及び計測サービスに関するご相談

■ 研究開発依頼、共同研究等のご提案など

下記へお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから  お問合せ

a:6399 t:4 y:3