エイシーティ株式会社は、CAE構築・推進のためのベストパートナーです。

Mpaveを使用した応用事例、アプリケーション

Mpaveを使用した応用事例、アプリケーションの紹介

  • ここでは、MpaveMesh、MpaveModel、MpavePythonを用いた有効なモデリング方法、応用事例、及びModel DataBase (MDB)により開発されたアプリケーション等をご紹介します。

アプリケーションソフト「DICOM2FE」紹介

  • 画像データを有限要素モデルに変換するプログラム:DICOM2FEとは
    • Dicom2Feは、Dicom標準規格に基づき作成されたスキャンデータ(*.dcm)を、FEAに使用できる有限要素モデルに変換するソフトウェアです。
    • CAD、デジタイザー、X線CTなどから得た三次元データを様々なシーンで活用できます。
  • 詳細な説明は、画面をクリックしてください。

    DICOM Application

粒子法プログラムとMpaveのインテグレーション例

  • CAE支援環境Mpaveにより、SPH粒子法の前・後処理プロセッサとして自動的にCADデータからSPH解析対象モデルの粒子を生成できることを示します。
    適用例として、携帯電話の落下解析をご紹介します。
  • 下の画面をクリックしてください。

    携帯電話

Mpaveを用いたアセンブリーモデルの生成方法

  • プレゼンテーション内容   
    ・本解析の特徴
    ・MPACTシステムとは
    ・解析手順ア
    ・解析対象のアセンブリーモデル
    ・各種解析条件の設定
    ・アセンブリー構造部材の境界条件設定
    ・解析実行と解析結果表示
  • 画像をクリックすると、ポップアップされたプレゼンテーション画像が表示されます。


SpinFireとMpaveのインテグレーション例

  • プレゼンテーション内容   
    ・特徴
    SpinFireプラグインのSTL Export機能
    ・STLデータを用いたMpaveによるメッシュ分割
    ・MPACTソルバーによる解析結果表示
  • 画像をクリックすると、ポップアップされたプレゼンテーション画像が表示されます。

XML-RPCを用いた例


Mpave製品へ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional